筆のお手入れ

  • HOME »
  • 筆のお手入れ

筆の手入れ説明

|筆のおろし方|

■太筆(固め筆)

おろす範囲(穂先から2/3程度)を決めて、穂の先端をつまみ、回すようにほぐしながら捌きます。
墨に付ける前に、捌いた所のフノリを水で洗い流す。
その際水分が残ったまま墨をつけて書くとにじみますので注意して下さい。

■太筆(さばき筆)

初めて墨をつける前に水を含ませてやると、先に墨を含ませた場合に比べて、筆の寿命が長くなります。
その際水分が残ったまま墨をつけて書くとにじみますので注意して下さい。

■細筆

墨をつけるところだけ(穂先から1/3程度)さばいて使用します。

|使用後の手入れの仕方|

■太筆(糊固め筆)

おろしていない筆の根元部分に水がかからないようにして、軽くつまみながら墨を洗い流します。洗い終わった筆は、風通しの良い日陰でつるして干して下さい。
根元までさばけてしまった場合は、さばけた部分に残っているフノリをきれいに洗い流し乾燥させた後、墨を含ませ、毛の一本一本をまっすぐに整え、そのまま乾燥させます。
さばくときに無理に力を加えると毛が折れてしまうので、水を含ませながら先端からゆっくり時間をかけてほぐします。
このとき墨液ではなく、固形墨を使用します。
墨液に含まれる成分が筆の毛を傷めることがあります。

■太筆さばき筆

穂首の根元に墨がたまりやすいので、根元をつまむようにして墨を押し出しながら洗い流します。
このとき、こするように洗うと毛が摩擦で傷みますので、毛切れ、毛抜けの原因になります。
根元に墨がたまると穂先がまとまらなくなったり、軸が割れたりします。
洗い終わった筆は、風通しの良い日陰でつるして干して下さい。

■細筆

使い終わったら水で洗わず湿らせた反故紙、布などで穂先を整えながら、墨をぬぐい取っていきます。
使用後は風通しの良い日陰で干して下さい。

使用後の湿った筆を筆巻に巻いたまま放置しておくと毛が腐るおそれがありますので、必ず乾燥させて下さい。
PAGETOP
Copyright © 奈良筆 あかしや All Rights Reserved.
Translate »