あかしやあかしやあかしや


奈良筆ができるまで

手技の冴-奈良筆(あかしや筆)のできるまで-

筆造りに機械は使わない。これは、毛の一本一本が全て異なり千変万化する物であり、しかも、その毛を使って規格品を作るには逆に手業の冴、卓越した技術しかない。

Image

1.櫛抜き

毛に櫛を入れて、根元のわた毛を全て取除き板の上に広げ、よく混ぜ合せる。

Image

2.毛もみ

もみがらの灰をふりかけ、炭火で暖めて、脱脂して墨含みを良くし、更に鹿皮にくるみもんで、くせ毛を直す。

Image

3.つめ抜き

道具を使わず、指先で少しずつ毛を抜きとりながら、毛先(先端)を揃える。

Image

4.先揃え

手金の上に毛をまとめて置き、毛の先端の方から板で叩いて、その振動を利用して毛先の方に毛を揃えていく。

Image

5.逆毛抜き

はんさしと言う刃と指で毛先と根元が逆になった逆毛を抜いていく。選毛の第一段階である。

Image

6.寸切り

一本の筆は、一種の毛では出来ない。だから性質の異なる色々な毛を長短に切り分ける。1の毛、2の毛、3の毛とその役割に応じた長さに切る。

Image

7.平目合せ

寸切りで切り分けた毛を平目と言い各々の平目を合せる事を平目合せと言う。

Image

8.練り混ぜ

各々寸切りした各種の平目をバラつきや片寄りがない様、何回も練り混ぜていく。

Image

9.芯立て

作る筆の穂の直径に応じてコマと呼ぶ小さな筒に毛を通し、太さを決定する。これを芯立てと言う。

Image

10.上毛かけ

うすくのばして広げた上毛を芯に巻き着ける。

Image

11.おじめ

焼ごてを穂の尻にあて根元を焼き固め、麻糸で締めて結ぶ。これで穂は完成するのである。

Image

12.のり入れ

カタメの筆は、更にフノリの液につけ充分に内部まで沁みこませる。

Image

13.なぜ

糸でフノリを絞り出しながら、穂の形を整えていく。

Image

14.完成品

乾燥すれば完成となる。

筆の種類

獣毛筆 上記の製造工程に示すとおり。
羽毛筆 鶏毛、鶴毛、孔雀毛、軍鶏毛等で作る。
竹筆 若竹を所定の長さに切り、一方を細かく割き、更にその部分を槌で叩く。
人毛筆 産まれた子供の最初の頭髪で獣毛と同じ方法で作る。
その他 ワラ筆、草筆、連筆などがある。

このページ先頭へ