あかしやあかしやあかしや


筆の美術館

筆の美術館

写真をクリックすると、詳細情報がご覧になれます。

江戸時代看板

画像

昭和初期看板

画像

白天尾大筆

画像

稲穂筆

画像

赤天尾大筆

画像

稲穂筆

画像

稲穂筆

画像

赤天尾大筆

画像

赤天尾大筆

画像

赤天尾筆

画像

白天尾大筆

画像

草筆

画像

月光菩薩 開眼筆

画像

東大寺大仏開眼筆

画像

各種羽毛筆

画像

各種羽毛筆

画像

各種羽毛筆

画像

各種羽毛筆

画像

竹刻・瓢箪筆管筆

画像

藤筆・藁筆・竹筆

画像

獣毛筆

画像

椎朱筆管筆

画像

螺鈿金蒔絵筆管羊毛筆

画像

矢立・七宝筆管筆

画像

水牛筆管羊毛筆

画像

飾管筆

画像

画像

江戸中期 筆匠看板

730mm
600mm
厚さ 38mm

画像

昭和初期 筆扱店看板

画像

白天尾大筆

穂(直径×長さ) 180×530mm
全長 1,600mm
重量 20Kg
主原料 白馬
時代 昭和40年作
用途 条幅

現在、我が社の筆では最大級の大きさで墨を付けると約30Kgにもなります。

画像

稲穂筆

穂(直径×長さ) 110×360mm
全長 1,160mm
主原料 稲穂
時代 昭和初期作
用途 条幅大字用

画像

赤天尾大筆

穂(直径×長さ) 100×350mm
全長 900mm
主原料 赤天尾
時代 昭和50年作
用途 条幅用筆

画像

稲穂筆

穂(直径×長さ) 30×260mm
全長 1,030mm
主原料 稲穂
時代 昭和初期
用途 条幅用筆

穂元には網掛けを施した筆

画像

稲穂筆

穂(直径×長さ) 110×360mm
全長 1,160mm
主原料 稲穂
時代 昭和初期
用途 条幅用筆

画像

赤天尾大筆

穂(直径×長さ) 100×350mm
全長 900mm
主原料 茶馬
時代 昭和50年作
用途 条幅用筆

画像

赤天尾大筆

穂(直径×長さ) 120×280mm
全長 790mm
主原料 茶馬
時代 明治初期作
用途 条幅用筆

画像

天華(赤天尾大筆)

穂(直径×長さ) 110×270mm
全長 670mm
主原料 赤天尾
時代 昭和初期作

画像

白天尾大筆

穂(直径×長さ) 100×360mm
全長 680mm
主原料 白天尾
時代 昭和初期作

画像

草筆

穂(直径×長さ) 30×230mm
全長 670mm
主原料 い草
時代 昭和中期作

画像

薬師寺 月光菩薩 開眼筆
昭和貳拾九年四月二日

穂の長さ 65mm
太さ(径) 30mm
全長 605mm

画像

東大寺大仏開眼筆 (写し)

穂の長さ 76mm
太さ(径) 36mm
全長 740mm

画像

A.珠鶏筆(ホロホロ鳥毛筆)

穂の長さ 105mm
太さ(径) 19mm
全長 340mm

B.孔雀筆(クジャク鳥毛筆)

穂の長さ 100mm
太さ(径) 13mm
全長 330mm

C.銀鶏羽毛筆(雉子毛筆)

穂の長さ 190mm
太さ(径) 35mm
全長 440mm

画像

A.火喰鳥羽毛筆(ヒクイドリ鳥毛筆)

穂の長さ 90mm
太さ(径) 22mm
全長 310mm

B.金鶏羽毛筆(雉子毛筆)

穂の長さ 90mm
太さ(径) 22mm
全長 300mm

C.鶏毛筆

穂の長さ 100mm
太さ(径) 12.5mm
全長 350mm

D.駝鳥筆(ダチョウ鳥毛筆)

穂の長さ 100mm
太さ(径) 17mm
全長 370mm

画像

A.金鶏羽毛筆

穂の長さ 90mm
太さ(径) 22mm
全長 300mm

B.鷺と鴨羽毛筆

穂の長さ 85mm
太さ(径) 10mm
全長 310mm

C.フラミンゴ羽毛筆

穂の長さ 100mm
太さ(径) 9mm
全長 325mm

画像

A.軍鶏毛筆(シャモ鳥毛筆)

穂の長さ 85mm
太さ(径) 13mm
全長 305mm

B.ホロホロ鳥筆

穂の長さ 75mm
太さ(径) 10mm
全長 310mm

C.鴨筆

穂の長さ 75mm
太さ(径) 10mm
全長 310mm

画像

A.竹刻管筆(江戸時代作)

穂の長さ 54mm
太さ(径) 16mm
全長 246mm

竹製の筆管の節目にそって彫刻を施した筆

B.瓢箪筆管筆(ヒョウタンヒッカン筆)

穂の長さ 110mm
太さ(径) 35mm
全長 290mm

画像

A.藤筆

穂の長さ 60mm
太さ(径) 10mm
全長 300mm

B.藁筆(ワラ筆)

穂の長さ 100mm
太さ(径) 14mm
全長 285mm

C.竹筆

穂の長さ 75mm
太さ(径) 10mm
全長 305mm

若竹を一定の長さに切りその一端を細かく割き更にその一端を槌で軽く叩いて柔らかくしたもの

D.竹筆

穂の長さ 90mm
太さ(径) 13.5mm
全長 330mm

画像

A.猿毛筆

穂の長さ 37mm
太さ(径) 14mm
全長 240mm

B.狸毛筆

穂の長さ 68mm
太さ(径) 9.5mm
全長 300mm

C.スカンク毛筆

穂の長さ 53mm
太さ(径) 10.5mm
全長 258mm

D.猪毛筆

穂の長さ 90mm
太さ(径) 16mm
全長 330mm

E.アラスカ山馬筆

穂の長さ 120mm
太さ(径) 22mm
全長 425mm

画像

A.螺鈿漆管筆(中国明代作)

穂の長さ 18mm
太さ(径) 4mm
全長 220mm

木製管の上に茶漆を塗り、螺鈿細工を施したもの。

B.椎朱筆管筆(ツイシュヒッカン筆)(中国明代作)

穂の長さ 45mm
太さ(径) 12mm
全長 257mm

中国の代表的な飾管筆で筆管は木製の管に漆を何回も塗り重ね更にそれに彫刻を施したもので主に北京を中心に美術工芸品としても多くの人に愛用された。

C.椎朱筆管筆(ツイシュヒッカン筆)(中国明代作)

穂の長さ 50mm
太さ(径) 10.5mm
全長 285mm

画像

A.蜻蛉金蒔絵羊毛筆

穂(直径×長さ) 18×82mm
全長 310mm
主原料 羊毛
時代 江戸中期

筆管・漆管としては最高級の金蒔絵を使用した美術工芸品。

B.楓金蒔絵羊毛筆

穂(直径×長さ) 15×80mm
全長 310mm
主原料 羊毛
時代 昭和初期作、日本製

筆管・楓模様をあしらった金蒔絵筆で、工芸品としては最高級の筆。

C.藤螺鈿(らでん)模様羊毛筆

穂(直径×長さ) 18×120mm
全長 390mm
主原料 羊毛
時代 昭和中期作、日本製

筆管・国内で実用筆として販売されている筆では最高級品。

画像

A.矢立(江戸時代作・日本製)

太さ(径) 13.5mm
全長 222mm

(墨壷 27mm×37mm)

B.矢立(江戸時代作・日本製)

太さ(径) 19.5mm
全長 240mm

(墨壷 32mm×48mm)

C.七宝筆管筆(江戸時代作・日本製)

穂の長さ 48mm
太さ(径) 9.5mm
全長 244mm

銅製の管に金その他の色彩を使って七宝焼きを施した豪華な美術工芸筆。

画像

水牛筆管羊毛筆(昭和中期)

穂の長さ 130mm
太さ(径) 27mm
全長 480mm
主原料 羊毛

水牛の角をつなぎ合わせて管筆にした逸品

画像

A.飾管筆(中国明代)

穂の長さ 95mm
太さ(径) 28mm
全長 315mm

B.飾管筆(中国明代)

穂の長さ 105mm
太さ(径) 30mm
全長 285mm

このページ先頭へ